牛込企画

「140字では誤解される」

NTTドコモの山田隆持社長、28日の決算会見で。

「(ツイッターを)やってはどうかと勧められるが、昨日と今日で言うことが違うこともある。140字では誤解をされることもあるかもしれない。今のところはやらない」
NTTドコモ:社長ツイッター「140字は難しい」 - 毎日jp(毎日新聞)

ある意味、正しい判断かもしれない。
Twitterなんて数年前までは存在もしていなかったものだし(2006年7月にObvious社が開始)、それまでなくても誰も困らずに暮らしていたわけだし、政治家や有名人の失言的つぶやきなんかを見ても、余計なことを言いたくないからやらないという姿勢は理解できる。例えば自分が政治家の秘書だったら、“先生”にはTwitterやってほしくないと思うかもしれない。

Twitterが今までに起こりえなかった誤解や軋轢を生むというのは確かにその通りだと思う。しかしもう一方では、同時に今までになかったやり方や速度や共感を伴って、新しい感覚を生み出す瞬間もある。Twitterユーザーなら何度もそんな体験をしているのではないだろうか。そういった感覚がダイレクトに迫ってくるのが、Twitterに惹きつけられる不思議なところでもある。どちらを取るか。誤解はリスクではない。その先に生まれるものまでを視野に入れれば。……なーんつってな。

「同志たちへ:@chavezcandangaの用意ができた。じきにわれわれの司令官からツイッター経由でメッセージが届くだろう」
米国嫌いチャベス大統領もツイッター・デビューへ、ベネズエラ 国際ニュース : AFPBB News

反米政権として知られるベネズエラの大臣が、チャベス大統領のTwitterへの登場を予告したツイート。
アカウントの「chavezcandanga」は、自分の名前と、ベネズエラで手に負えない人物を指すときに使われる「candanga」を組み合わせたとか、そのリングネームをつけるかのようなセンスからしてすごい大統領だな。現時点でのツイートは1件のみだが、フォロワーは9万人を超えている。

上記のツイートを投稿した大臣は記者会見で、ベネズエラ政府のツイッター政策について「ツイッター上でのイデオロギー闘争を仕掛けていく」と表明したとのこと。熱い!

「われわれと対抗する陣営は、ソーシャルネットワーキングは自分たちの持ち物だと思っている。ツイッターやフェースブック(Facebook)だ。彼らに戦いを挑もう。われわれはツイッターを乗っ取る700万の戦士だ」
米国嫌いチャベス大統領もツイッター・デビューへ、ベネズエラ 国際ニュース : AFPBB News

口は災いの元じゃなかったら つまらないんだから
黙ってたら まあいいか人のことはな

"mouth to mouth" by ECD

[PR]
by linkage_23 | 2010-04-29 23:02